感染病の治療で光るホメオパシーの力

influenza ホメオパシー

新型コロナウイルスで、世界も日本も大混乱に陥っていますが、

今日は、なぜ、私が自信を持ってホメオパシーでこの世界的な感染病の大流行に対応しようとしているのか、

その背景についてお話ししたいと思います。

ホメオパシーは、19世紀初頭にドイツ人医師のサミュエル・ハーネマンが打ち立てた療法であることは、ご存知の方も多いと思うのですが、

そもそも、ホメオパシーがその効果が認められるようになったのは、

1813年の腸チフスの流行の時でした。

それは、ハーネマンの驚異的な成功率によって、

医師たちがホメオパシーに注目しはじめた、ということに始まります。

具体的に言えば、現代医学で治療された人々の致死率が30%以上であったのに対して、

ハーネマンが治療した180人の患者のうち、死者は2人でした(1%以下の致死率)

これに端を発して、次々と、感染病が蔓延するときに、ホメオパシーは活躍しているのですが、

以下に、歴史的にどうやって使われてきたのか、を掲載してみます。

1831年のコレラ大流行時

ホメオパシー病院で治療されたケースでの致死率は9%(Dr Quin)

現代医学での治療の致死率は40%(ロシアの皇室発表)

現代医学での治療の致死率は60%(カナダ人医師オスラーのテキストブックより)

1831年オーストリアでのコレラ流行時

ホメオパシーで治療された人の致死率は31%

現代医学致死率は66%(Dr Wild)

1854年イギリスでのコレラ流行時

イギリスでは、23,000人が死亡、ロンドンだけでも10,000人が死亡したというのですから、この流行もとても激しいものだったことが伺えます。

イギリス議会のレポートによると(後になってホメオパシーの詳細が明らかになりました)

ホメオパシー治療による致死率は9%

現代医学による致死率は59%

1855年、コレラ、ブラジルのリオでも大流行

ホメオパシー388ケースのうち、致死率は2%

現代医学での致死率は、40%と60%というデータが残っています。

1862年ー64年ジフテリアのニューヨークでの大流行

ジフテリアは何度もかかってしまう上に、同じ症状が出にくい、という傾向があって、

とても治療が難しいそうなのですが、

ホメオパシーでの致死率は16.40%に対して、

現代医学では、83.60% の致死率でした。

1878年アメリカでの黄熱病

20,000人がミシシッピ川地域全体で死亡、メンフィスだけでも5000人が亡くなる規模でしたが、

ホメオパシーによる致死率は6%に対して、

現代医学では、15−85%(地域による)の致死率。

上記詳細は、Robin Murphy ND のウェビナーからのデーターを一部まとめさせていただいています。

そして、インフルエンザということと規模が、今回の新型コロナウイルスの参考になる

1918−1920年 スペイン風邪インフルエンザ大流行 

これは致死率最悪の歴史と言われています[1] 。

たった24週間の間に2-5%の人口約5000万人〜1億人が亡くなっています。

1年で亡くなった人の数は、1347−1351年の間にヨーロッパを震撼させた黒死病以上。

ドクターウィリアム・パーソン(ハーネマン医学学校フィラデルフィア)が、

88人のホメオパシー医師に調査を行なったところ、

26,795人の患者を診察中、273人が死亡(致死率1.02%

88人のうち、24人の医師が診察した3519ケースでは、死亡者を一切出さなかったという報告もなされています。[2]

コロンビア地区のホメオパシック・メディカル・ソサエティは、

1,500人の患者のうち、15人が死亡(致死率1%)。

ワシントンのホメオパシック・ホスピタルでは、死者は0。[3]

ニューヨーク・ホメオパシック・メディカル・コレッジのガイ・ベックリー教授の調査では、

16,913人のケースのうち、67人死亡(致死率0.4%)が報告されています。[4][5]

この時の現代医学による治療を受けた患者の致死率は30%だったのに対して、

ホメオパシーの治療を受けた人たちの致死率は0.7%に止まっています。

スペイン風邪については、アメリカのホメオパスPaola Brownさんの情報を参考にさせていただいています。

というわけで、歴史が語るホメオパシーの致死率のデータからも、

免疫力を高め、

個人個人の症状に合わせたレメディを選ぶ

ホメオパシーが感染病の治療にはとても有効である

ということが言えると思っています。

また、ホメオパシーは予防的にも使われます。

ハーネマン自身も、猩紅熱が流行った時に予防的にレメディを使っていました。

今回の場合は、

Influenza

Oscillococcinum

Pneumococcinum

がお勧めのレメディたちです。

繰り返しになりますが、

溢れる情報の中、

必要以上にパニックにならず、

免疫を高める

ことにフォーカスすること、

○食事

○睡眠

○リラックス

○笑い

○必要に応じて、自分にあった療法のサポートを受ける

が今一番大切なことと思います。

Reference

[1] J.H.Walters. Influenza 1918: The contemporary perspective. Bulletin of the New York Academy of Medicine 1978; 54:855-864.

[2]William A. Pearson. Epidemic influenza treated by homeopathic physicians. Journal of the American Institute of Homeopathy 1919-1921; 12:11-13

[3] Ernest F Sappington. Discussion: Influenza: a favorable mortality and publicity. Journal of the American Institute of Homeopathy 1919-20; 12:588.

[4] Guy Beckley Stearns. Treatment of influenza. New York : New York Homeopathic College, 1913,3/

[5] D.C. MacLaren. President’s address. Proceedings of the International Hanhemannian Association 1919:16.

トップの写真 :emmanmaさんによる写真ACからの写真をお借りしました。